ADHD > ADHDとは > ADHDの特徴的行動

ADHDの特徴的行動

ADHDの方の特徴的な行動としてあげられるのは、自分の衝動をうまく抑えることができない、人間関係を築くのが苦手、集中力がない、忘れ物をよくする、じっとしていられない、自己主張が強いなどです。

もちろん、障害の特徴は個々人によるものなので、すべてがあてはまるわけではありあせんが、上記にあげたものはADHDの特徴的行動といえます。

ADHDの3タイプ

ADHDには3タイプあると言われています。多動で、気分の波が激しい活発なタイプ。多動ではないが、内面だけが混乱して優柔不断なタイプ。完ぺき主義でこだわりが強く、共同作業が苦手なタイプです。これも、あくまで目安としてお考えください。型にはまる障害はありません。

ADHDの特徴として、先にもあげましたが、知的な遅れはありません。自分の衝動を抑えられないために、さまざまな問題を引き起こしてしまうのです。そのことで、一番傷つくのは本人です。孤立してしまったり、いじめの対象になったりしないよう、周囲の大人は気を配ることが大切です。