ADHD > 大人のADHD > ADHDだったと思われる有名人

ADHDだったと思われる有名人

ADHDだったと思われる有名人は実はたくさんいるのです。驚くことに、偉大な発明家や、芸術家、芸能人の中にもたくさんいます。

例えば、日本人でいうと黒柳徹子さんがそうです。子どものころのことを書いた「窓ぎわのトットちゃん」を読むと、確かにADHD・LDだったのだろうと思われるような行動をされています。

有名人としては、トム・クルーズさんです。彼はLD(学習障害)で、実は読み書きがとても苦手だそうです。台本を読むのも苦労されているそうです。

他にはアインシュタイン、エジソン、レオナルド・ダ・ヴィンチ、モーツァルトなどの有名人達もADHDであったといわれています。

他にもADHDだった有名人はたくさんいらっしゃいますが、この方々に共通していることは、行動は多少周りと変わっていたかもしれないけれど、偉業を成し遂げた、ということです。

そして、他に人にはない能力を持っていた、ということです。何かに特化して、能力が勝っているということです。

「普通」であることが大切なんじゃない、自分の個性や能力を引き出すことが大切なんだと教えられた気がしました。